FC2ブログ

当たるといいな。




みなさん、おはようございますo(^▽^)o





この間で受付が終了した、東京オリンピックの第二次抽選販売応募。

みなさんは、受付しましたか?

私は、今回、初めて応募しました。。。(といっても、実際に応募手続きをしてくれたのは彼女です。)

種目は卓球と体操です。

屋外競技は暑いので、室内競技にしました。。。(苦笑)

今回の応募も第一次と同じように、たくさんの応募があったようです。

宝くじ並みに「当たればラッキー!」くらいに思っていればいいのかもしれません。

抽選結果の発表は12月18日(水)です。

今年の師走は、いつも通りバタバタしながらも、ソワソワした時間も過ごせそうです。

卓球も、体操も、日本人の若手選手が頑張っている競技です。




無題309


メダルを獲れるチャンスがある競技でもあり、もしその瞬間を、自分の目の前で観ることができたら、本当に素晴らしいことですし、一生に残る思い出となるでしょう。

大好きなパートナーと観ることができたら、なおさら、幸せなことです。

以前のこのブログで、独りぼっちの私が「彼女と一緒に東京オリンピックに参加したい!」と綴りましたが、それが実現できるかもしれないと思うと、ワクワクするし、「宣言すること」の大切さを実感しています。




無題311




私にとっては、来年の東京オリンピックが一生で最後の「国内開催オリンピック」になる可能性があります。

もし、今回、外れたとしても、次の応募にもチャレンジする予定です。

応募をしてくれるのは、アナログな私ではなく、彼女が引き受けてくれるのですが。。。。本当に彼女に感謝です。




無題310




では、みなさん、今日も楽々な日々を(*´~`*)

お騒がせ。




みなさん、おはようございます\(^o^)/





昨日の夕方のことです。

お客様宅へ訪問するため、車に乗ろうとしたのですが、車の鍵が見当たりません。

普段は、鞄の中かジャケット、スラックスのポケットの中にしまっているのですが、探しても見つかりません。

楽観的な性格でもある私なので、最初は、事務所のマイデスク付近に置き忘れてきたんだろうと思っていたのですが、そこにもなく。。。。

もう一度、鞄の中を探してもなく。。。。「あれ?どこ行った?」と、さすがに焦ってしまった私。

車の鍵だけでなく、キーホルダーには、アパート、展示場、事務所、実家、それぞれの鍵が一緒になっているので、紛失してしまったら、大変なことになってしまいます。

時間が経つにつれて、焦りが募る私。

事務所にいたスタッフにも探してもらうことになり、「お騒がせおじさん」になってしまいました。

行方不明から約10分後、鍵はスタッフが見つけてくれて無事にお客様のお宅に訪問することができましたし、おかげで、昨夜はいつも通りアパートで生活することができました。

キーホルダーは、ハンガーにかけてあったコートのポケットにありました。(昨日から着てきたコートのポケットに私が入れたままだったのです。。。。)

当たり前のようにあるものが突然、消えてしまうと、本当に焦ってしまいますし、ワタワタしていまいます(笑)

ついこの間も、いつも使用しているボールペンが、シャツの胸ポケットにないことに気づいて、私はしばらく狼狽えていました。(その後、ボールペンはアパートの部屋で見つかりました。)




無題262




昨日、スタッフを巻き込んでプチ騒動を起こしてしまった私は、探してくれたスタッフに感謝しつつ、自分自身の「甘さ」に反省しました。

日々、「忙しい」という言い訳になりますが、、、、普段から比べ、少し気が抜けているのかもしれません。

寒さに負けることなく、背筋をシャキンと伸ばして、緊張感を持って過ごしていこうと思います。

来週からは12月に突入です。

バタバタすることなく、地に足を付けて、一日一日を過ごしていきます。

あとは、キーホルダーの指定席を、きちんと設定します。。。(苦笑)



無題1037




では、みなさん、今日も楽々な日々をヾ(o´∀`o)ノ

13-1。




みなさん、おはようございます(^∇^)ノ






昨日、行われたサッカーJ2リーグ最終戦、地元のモンテディオ山形はホームで惜敗してしまいました。

それでも、プレーオフ圏内の6位が決定し、まだJ1の夢が残りました。

プレーオフからの「J1昇格」の道のりは非常に厳しいものがありますが、モンテディオをこれまで支えてきたサポーター、応援してきた企業、団体のためにも、選手たちは自分たちのチカラを信じ、プレーオフの試合も頑張ってほしいと思います。




無題204




さて、今日のブログのタイトルは「13-1。」です。

これは、同じく、昨日行われたJ2の試合のスコアです。

柏レイソルと京都サンガの試合で、柏が13点を入れて京都に勝利しました。

プロサッカーの試合で、これほどスコアが一方的な試合は、非常に珍しいことです。

たしかに柏レイソルは、J2リーグで優勝した強豪チームです。

でも、京都サンガも昨日の試合前までは22チーム中、7位につけていたチーム。

前半のスコアが「4-1」、後半のスコアがなんと「9-0」。

私は実際に試合映像を観ていませんが、想像する限りでは京都の選手が途中から集中力が途切れ、ピッチで足が止まったのではないかと思われます。

試合は柏市のスタジアムで行われました。

そのスタジアムにはホームの柏レイソルのサポーターが多かったはずですが、遠い京都から足を運んだ京都サポーターもいます。

試合途中で、「負け」を確信したとしても、現地に応援に駆けつけたサポーターのためにも、一生懸命、最後までボールを追うことがなぜできなかったのか?と、私はスコアを観て率直に思いました。

プロの選手として、アマチュア選手、サッカーをしている少年少女たちに、恥ずかしくないプレーをするのが一つの「仕事」でもあると私は思います。

サッカーをしてお給料を貰っていることや、応援したり、支えてくれる、サポーターや協力してくれる団体がいることをおもえば、「無気力」ともいえる試合に、サポーターでない私までもがブーイングをしたくなってきます。





無題308




「あきらめたら、そこで試合終了ですよ。」という、漫画スラムダンクの名言がありますが、その言葉の意味が、「13-1」というスコアに表れた試合だったと私は思います。

昨日、ピッチに立った京都の選手たちは、今一度、「プロ」としてのプライドと「仕事」を確かめ、絶対に忘れずに、これからのサッカー人生を送ってほしいと願います。

私自身も、「プロとしての最低限の『仕事』はきちんと果たそう!」。。。そう強く思います。



無題175



では、みなさん、今日も楽々な日々を( ̄^ ̄)ゞ

残念なニュース。



みなさん、おはようございます(^∇^)ノ



私は毎日、テレビでニュース番組を観るのが日課になっていますが、ずっと気にかけている報道があります。

それは、香港事情です。

みなさんも、ご存知だと思いますが、香港はここ数ヶ月、デモ隊と警察が衝突をしていて、一向に収まる気配がありません。

民主化を求めるデモ隊とそれを抑える警察の衝突は、正直、映像を観ていて胸が苦しくなります。

デモ隊は若者が中心のようです。

直近のニュースでは、大学生の若者が大学を占拠して、構内が火炎瓶やゴミで散乱しているところもあり、「当たり前の日常」が香港にはないのではないかと思ってしまいます。



無題990



そんな中、残念なニュースが先日、入ってきました。

日本人の大学生が衝突の様子を見に行って、逮捕されたというニュースです。

2日後に釈放はされましたが、なぜ大学生は「危険な目に遭うかもしれないところ」に行ったのか?

私は不思議でなりません。

学生は、拘束された際、警察に暴力を振るわれたと話していますが、その際、大学生はパスポートを所持していませんでした。

釈放後のインタビューで「パスポートを所持することだったり、情報収集することだったりをしてもらえれば」と旅行者に向けて、自らの教訓を踏まえて語りましたが、私は「違うでしょ!」という怒りが湧いてきます。

「怖いもの見たさ」で自分勝手とも言える、軽率な行動をした大学生には、十分に反省してもらいたいと思います。

もしかしたら、命を失いかけたかもしれないのです。

そして何より、大学生のご両親は、大変、心配されたことだと思います。

無事に日本に帰ってこれて、本当に良かったと心から思いますが、大学生には今後一切、「周りに迷惑を掛けること」の重大さをしっかりと胸に刻んで、日々の生活を送ってほしいと願います。



無題886




私自身も、今回の件を「反面教師」とさせていただいて、身勝手な行動を慎みたいと思います。

自業自得ならいいですが、他の人に迷惑をかけてしまっては、お手本となる大人として「大失格」ですからね。

では、みなさん、今日も楽々な日々を\(^o^)/

新幹線。



みなさん、おはようございます(´∀`*)





先日、新幹線に乗り東京に出張に行った時のことです。

その際、日本の新幹線の「凄さ」に驚いたことがありました。

出発の山形駅を定刻で出発しましたが、やまびこと連結する福島駅である事情により、数分、出発が遅れました。

すると、車内アナウンスで「申し訳ありません。」と謝罪が流れました。

私はその時、何も気にしなかったのですが。。。

まもなく大宮駅に着く時のことです。

車内アナウンスが流れました。

「この車両は3分ほど遅れております。ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。」

このアナウンスに内心、「えっ!!たった3分だけなのに!?」と驚いた私。

謝罪の車内アナウンスは、上野駅でも到着駅の東京駅でも流れました。

日本の新幹線に携わる人達が、どれほどまで定刻にこだわっているか、そしてプライドを持っているかが垣間見える場面に遭遇した私は、あらためて、新幹線の凄さを実感しました。

私自身、時間には厳しいタイプだと自負しているのですが、山形から東京の距離で3分遅れても、全然、怒りが湧いてきません。

10分程度、遅れてしまっても気にならないかもしれません。

それよりも、無事に、私自身を山形から東京に運んでくれたことに感謝をしたいくらいです。




無題307



海外の新幹線や電車、バスなどの交通事情は、定刻通りに発着するほうが珍しいと聞きます。

それでも、外国の方はそれが「普通」として利用しています。

ある意味、日本人の生真面さが、「時間を守る」に繋がり安定した交通事情を保っているのかもしれません。

新幹線を利用する私たちには、安心感と信頼感があります。

それを長年かけて作り上げてきた新幹線に携わる方々は、本当に素晴らしいと思います。

「新幹線としての定刻を守るプライド」を体験した私は、いろんな意味で刺激を受けました。

それを日々の過ごし方に、活かしていきたいと思います。




無題85




では、みなさん、今日も楽々な日々を(。-_-。)
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。SRホーム・ララホーム事業部の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード