FC2ブログ

植物達も生きている。

みなさん、こんばんは








この間、解体お祓いに立ち会った時のお話です。


解体お祓いをした方(Aさんと呼びます。)は、あるパワーを持った方です。

信じるか信じないかは、その人、個人の問題ですが、私自身は、Aさんのパワーを信じていて、お客様の要望もあり、遠方から、わざわざ来ていただき、解体お祓いをしていただきました。

無事に、お祓いが終わり、お茶を飲みながら談笑している時のことです。

Aさんから、古家を解体する他に、今回、古家の周りにある木々達も伐採することについて、一つ、アドバイスをいただきました。


それは、、、



「木々達も生きているんです。だから、惨い死に方はさせてはいけません。」

という、胸がハッするアドバイスでした。


Aさんによると、木々を伐採する際は、木の幹の途中から切っては良くないとの事。

それは、人間で例えると首切りと一緒になるからです。

木々を処理する方法として、幹の周りにある強い薬を塗って、腐らせるやり方もありますが、それも良くないとの事。

人間で例えると毒殺と一緒だからです。





つまり、Aさんが言うには、木々達は、人間と同じ生き物だということ。


一本一本の木や花、しいては、雑草と呼ばれる草まで、言葉は話せないけど、ちゃんと命が宿っているということです。

だからこそ、粗末な扱いをしてはいけない。とAさんは教えてくれました。



Aさんによると、同じ、種類の木でも、一本一本の木によって、持っているパワーが違っていて、もし万が一、パワーが強い木に、残酷な死に方をさせてしまうと、後々、大きな悪い出来事が、人間に返ってくるそうです。

だからこそ、木々を伐採する際は、十分に慎重に行わなければならない。とのことでした。

一番、優しい方法は、木の根っこまで一緒に取ってあげると良いそうです。

ぜひ、みなさん、参考にしてください。





P1050357.jpg






植物は、自ら動かないし、話すこともありません。

でも、「命があって、懸命に生きている。」ということを、私達は常に、忘れてはいけないのかもしれません。

秋の季節を感じる、紅葉だって、春を知らせる桜だって、道端に咲く小さなタンポポだって、懸命に生きている証を、私達、人間に素直に伝えてくれるんですからね。

Aさんのお話を聞いて、改めて、植物達の大きな存在意義を知った私です。








P1040209_20111016203304.jpg





では、みなさん、明日も楽々な日々を





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード