FC2ブログ

今朝の出来事。




みなさん、こんばんは





今朝、燃えるゴミの日ということで、片手にごみ袋を持って玄関を出た私。

もう片手にはバッグを持っていたので両手が塞がっている状態です。

エレベーターのボタンを押して数秒で、目の前のドアが開きました。

すると、そこには小学生の男の子がいました。

3年生か4年生のように見えました。

男の子は、「どうぞ。」とすぐにエレベーター内の端に寄ってくれました。

そして、すぐに「閉」のボタンを押してくれました。

「あっ、ありがとうございます。」と御礼を言って1階まで降下するのを待っていた私。

「なんだって、いまどきの小学生にしては珍しく、しっかりした子だなぁ。」と感心していると、1階に到着してドアが開きました。


私は、てっきりエレベーターボタンの前にいる男の子が先に出ると思っていました。

でも、私の予想とは全く違う行動をその男の子はしてくれたのです。

男の子は、「開」のボタンを押したまま、「先にどうぞ。」と両手が塞がっている私に譲ってくれたのです。

そこまで優しくしてくれたことで、私は、感心を通り越して「感動」の域に達しました。

2回目のありがとうきっと男の子にとっては、当たり前の行動をしただけなのかもしれませんが、私が小学生だった頃を思い出すと、正直、私はできていませんでした。

私は、男の子のご両親の育て方が素晴らしいんだな。と率直に思いました。

他人に優しく接すること、他人の気持ちを考えて行動すること。。。そういったことが、小学生で当たり前にできる姿を見て、「この子はきっと立派な大人になる」と勝手に確信した私です。

ゴミステーションに、燃えるごみ袋を置いて駐車場に向かった時、学校に向かう黒いランドセル姿の男の子が遠くに見えました。

私も、将来、子供に恵まれたら、今日、出会った男の子のように「優しい」を当たり前にできる子に育ってほしいと素直に思いました。


P1090442_20130416203829.jpg




では、みなさん、明日も楽々な日々を
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード