FC2ブログ

女子高生の落とし物。

みなさん、こんにちは(^_^;)


昨日の夕方の出来事です。

お客様のお宅に訪問して打ち合わせした帰り、細い路地を運転していました。

すると、前方に一人の女子高生がこちらの方向に歩いてくるのが見えました。

それを確認した私が、車を減速しようとした時のことです。


女子高生が手に持つカバン付近から、紙切れのようなものが、ヒラヒラと地面に落ちてきたのです。

「あっ!なんか落ちたよ!」と、心の中で叫んだ私。

でも、彼女はそれに気づいていません。

何事もなかったように、私が減速して運転する車の脇を通り過ぎて行きました。

「落とした事、気づいていないんだ!」

私は、路肩に車を止め、彼女の落とし物を拾おうと、車外に出ました。


ちなみに、外の気温は夕方なのに、蒸し暑く、不快指数が高いことが、すぐに感じとれました。


「早く落とし物を拾って、彼女に渡さなきゃ。不審者と間違われないといいけど。。。」

一抹の不安を抱えつつ、落とし物が落ちている付近に行くと、その紙切れのようなものは、、、、












「市販されているアイスの包装紙」

でした。。。


「えっ!?」

と、一瞬、何が起きたかわからず、その場でフリーズしてしまった私。


数秒後、事態をようやく理解した私は、深いため息を一回つきました。

彼女の落とし物は、「落ちた」のではなく、「捨てられた」とわかったからです。


「道路にゴミを捨てるな!!」

と、彼女を追いかけ、一言ズバッと怒りをぶつけようかと思いましたが、小心者の私には、残念ながら、その行為はできませんでした。。。



真夏の学校の帰り道、アイスの食べ歩きは、すごく贅沢で、彼女の気持ちも重々わかりますが、何事もない顔をして、ゴミをポイ捨てすることは、絶対に許されることでは、ありません。




半分呆然としながらも、私は彼女の捨てたアイスの包装紙を拾い上げ、車内のゴミ箱に捨てました。


そして、車のバックミラーで、彼女の後ろ姿が小さくなるのを確認しながら、「これから、この場面に遭遇したら、今度こそは、注意しよう!」と、小心者の自分に約束しました。





若者に限らず、残念ながら、道路や道端へのポイ捨てが後を絶ちません。


これが、ゼロになることは現実的に無理なのかもしれませんが、現状より少なくするには、やはり、それに気づいた人が勇気を振り絞って注意することなんだと、私は感じます。



そして、今後、人間としてのマナーを捨ててしまうような人が増えないことを祈るばかりです。



では、みなさん、明日も楽々な日々をm(__)m
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード