FC2ブログ

優しさ。




みなさん、おはようございます(*^_^*)




先日、寒河江市のお蕎麦屋さんでランチをしていた時のことです。

美味しい冷たい肉そばをすすっていた私。

すると、私が座っているカウンターに隣接する座敷に、男性2名のお客様が座りました。

しばらくして、食べたいメニューが決まったようで、そのうちの一人が「すみませーん!」と店員さんを呼びました。

ちなみに、そのお店は、店員さんを呼ぶボタンがありません。

座敷と厨房は少し離れているため、大きな声で店員さんを呼ばないといけません。

一回目では店員さんが気づかなったようで、もう一度、「すみませーん!」と大きな声で店員さんを呼びました。

でも、厨房まで聞こえていないようです。

私は蕎麦をすするのをやめて、チラッと厨房を遠くから覗いたのですが、まだ店員さんは気づきません。

男性2名を振り返ると怒っていることもなく、苦笑いの表情を浮かべていました。

私自身が男性2名よりも近いところに座っていたこともあり、私が店員さんを呼んでこようかな。。。と思った時です。

厨房前のカウンターに座っている男性が、厨房の中にいる店員に声をかけているのが目に映りました。

どんな内容かは私まで聞こえませんでしが、仕草ではあきらかに「あっちのお客様がオーダーしているよ!」というのがわかりました。

その男性のおかげで、店員さんは足早に「すみません。お待たせしました。ご注文どうぞ。」と座敷に座る男性2名のところにやってきました。

その光景に、「無事に注文がとれて、良かった。」と、ホッとした私です。



無題286







今日の取り上げた場面は、日常生活のなかで、よくある一コマであり、本当に小さな出来事かもしれません。

でも、私としては、「人の優しさ」を知るとても素敵な場面に遭遇し、心がほっこり温まりました。

ちょっとした気遣い、心遣いが相手を嬉しい気持ちにさせてくれますし、私も何度もそういった気持ちになった経験があります。

一方で、、、、人は誰でも、小さい頃から「人には優しくするんだよ。」と教えられてきたはずなのに、大人になると忘れてしまったり、逆に、正反対に相手に「そこまでするか~!」と思うくらい厳しく対応する人もいます。





無題330




どんな人でも「優しい心の持ち主」だと私は信じています。

優しくない人は、この世の中、一人もいないと思っています。

これまでも、そして、これからも、たくさんの人とのコミュニケーションを重ねていくなかで、気遣い、心遣い、そして「優しさ」をずっと忘れない人間でいたいと思います。




無題329




では、みなさん、今日も楽々な日々を(* ´ ▽ ` *)
スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード