FC2ブログ

ドラフト会議。




みなさん、おはようございます




昨日、プロ野球、ドラフト会議が行われました。

ニュースで知ったことですが、104名の選手が指名されたそうです。

その中には、本県出身の選手も含まれており、元球児の私は嬉しく思います。

プロ野球のドラフト会議は、プロ野球に詳しい方はご存知だと思いますが、プロ野球球団が、選手を指名し、交渉します。

ドラフト一位指名選手が、12球団あるうち、重複した場合、くじ引きとなります。

つまり、プロ野球選手になるためには、球団から指名されなければならず、そして、複数球団から指名されても、自らの意思で「この球団に行きたい!」ということができないということです。

ある程度、自らの意思で行きたいチームを選択できるプロサッカー選手やプロバスケットボール選手とは、違うシステムとなります。

選手が希望する球団に行けないということで、これまで過去のドラフト会議では、様々なドラマがありました。

選手が拒否をして、一年間、野球浪人になるケースもあります。(巨人のエース、菅野投手は野球浪人をしています。)

でも、ここ最近のドラフトでは、選手たちが「どこの球団でもOKです!」と爽やかにインタビューに答えている場面が多くなりました。

「本当は、行きたい球団、チームがあるんだろうな。」と、勝手に想像してしまう私。。。

ある意味、ここ最近のプロ野球を目指す選手は、「大人な対応」ができる人ばかりなのかもしれません。



無題76




無題77

(12球団の第一位指名の選手一覧です。秋田の金足農の吉田投手は、北海道日本ハムファイターズが指名しました。)


昨日、プロ野球球団から指名された選手もいれば、指名漏れした選手もいます。

ある指名漏れした選手、家族がテレビ番組に出演していましたが、「また一年、活躍して、来年、指名されるように頑張る」という言葉を聞き、「プロ野球選手」という職業は、野球を愛する人にとって、「目標」として強く確立されていると感じた私。

かくいう私も、球児のころは、本気で将来、プロ野球選手になりたい!と思っていました。

簡単にはなれない職業ではありますが、たくさんの「やりがい」がある職業でもあり、成功する人が、ほんの一握りの選手という厳しい世界でもあります。

本県出身の選手を贔屓してしまいがちですが、昨日、指名された選手が、プロの扉を開けて進んだ先に、多くの幸があることを、元球児として願っています。

プロ野球選手を目指す少年、少女たちに、素晴らしいプレーで、夢をたくさん与えてほしいと思います。



無題55




では、みなさん、今日も楽々な日々を

スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード