レジでの会話。



みなさん、おはようございます




この間、某衣料店に靴下を買いに行った時のことです。

レジで並んでいたとき、私の前のお客様と、レジの店員さんの会話が聞こえてきました。

私は、ふとその会話が気になり、様子をうかがうことにしました。

お客様は、年配の女性。

レジの店員さんは、私よりちょっと年上の女性でした。

お客様が「このズボン、試着したけど、いいわねぇ。」と財布からお金を出しながら、話しました。

すると、店員さんは、満面の笑顔で答えました。

「ありがとうございます。私も、このズボン持っているんですよ。とっても、はき心地がいいですよ。」

お客様は、その答えに、目を丸くして「そうなの、よかったー。」と一段と声が大きくなって喜びました。

店員さんも満面の笑みです。

そして、お釣りを渡しながら、お客様にまた声を掛けました。

「このズボン、今だけセールで安いんですよ。私は色違いで2着、持っています。」





無題6




この光景は、時間でいえば、約30秒です。

そんな短時間の会話でしたが、私にはとても勉強なるものでした。

一つは、店員さんが「同意」して、お客様に「安心感」を与えていること。

自分もそのズボンを持っていますよ。。。という同意と、そのズボンはとっても、はき心地がいいですよ。。。という自分の経験上の素直な感想を伝えたことで、お客様は「安心感」で満たされました。

お客様は、自分が選択したズボンは間違いがなかったんだという安心感と優越感。。。。購買心理ではとても大切なポイントです。

そして、もう一つ、私は店員さんのスマートな提案に「おぉ!」と心の中で叫びました。

さらっと、このズボンは「今だけ」安いんですよ。。。「だから私は2着、持っていますよ。」という、お客様が知らなかった新しい情報を提供したことです。





無題1231




私は住宅アドバイザーとして、ララホームの「お家」をお客様にご提案し、提供しています。

洋服とお家では、価格も違いますし、お客様の価値観は、全然違うものです。

簡単にひとくくりできるものでは、ありません。

でも、レジの店員さんがお客様に伝えた、同意と安心感、そして、情報の提供が、お客様が「喜んで」商品を購入するということに「繋がっている」ことは、どんな商品にも共通するものだと、私は思います。

ちょっとした光景に遭遇した私は、あらためて、お客様に喜んでいただける家造りを提供していこうと強く思いました。

ちなみに、、、私がレジを済ませて、お店を出ようとした際、ついさっきまで店員さんと会話していた年配のお客様は、2着目のズボンを手に取り、レジの列に並んでいました。




無題747






では、みなさん、今日も楽々な日々を



スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。SRホーム・楽々事業部の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード