FC2ブログ

自由と働く。



みなさん、おはようございます





最近、「自由と働く」ことについて、考えたことがあります。

ある本がきっかけでしたが、自分なりに考えてみて、一つの結論を出しました。

あくまでも、今の私の結論。。。

もしかしたら、10年後の自分は全く違う結論を出しているかもしれませんが。。。




無題1179






友人や知人など、いろんな方を小さいころの昔話で花を咲かせると、必ずといっていいほど、「子供の頃に戻りたい。あの時は自由だった。」という言葉が出てきます。

私もその一人でした。

大人になった今、仕事をするなかで「自由」がないと考えになってしまうのかもしれません。

でも、よくよく思い出してみると、子供の頃のほうが「自由はきかなかった」ことがわかります。

親から与えられた服を着て、与えられた食べ物を食べ、与えられた時間で学校にいく。。。自由に使えるお金も限られている。

自由だったのは、あくまでも「責任」がない範囲でのものであって、それは親が守ってくれたから。

自由でいられる場所は、親が作ったテリトリーのなかの「小さな世界」だったのです。



無題1138






大人になったからこそ、ありとあらゆる自由を手に入れることができた。。。そう私は思います。

もちろん、それには、セットで「責任」が付いてきます。

もっとわかりやすい表現をするならば、「責任=働く」のレベルを上げれば上げるほど、「自由」を手に入れられるということ。

シンプルな考え方であり、それが現実だと私は思います。

子供の頃と違い、大人になると「何でも自由」です。

食べたい物を食べ、好きな服を何着でも選ぶことができて、、好きな趣味に好きなだけお金をかけることができる。。。そんな自由を「働く」ことを通して、手に入れているのが「大人」なんだと思います。






無題1091



バリバリ働いて、その働いた分だけ「自由」を手に入れることができる。。。全てがそうでないのかもしれませんが、40代になった私が今、すごく感じることです。

だから、今の私は「子供に戻りたい!」とは全然、思いません。

自分の自由なことができる「今」がとっても充実しているからです。

ゴルフ、ホットヨガ、マラソン、マッサージ、読書、食べ歩き。。。。全てが私の「自由」な選択によって叶えることができる現状に、「幸せ」を感じるほどです。

「働く」ことで、「自由」を得られる。。。だからこそ、働くことが苦しくない。。。。私はみなさんに強くお伝えしたいと思います。




無題1092




では、みなさん、今日も楽々な日々を


スポンサーサイト



カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード