大福まんじゅう。



みなさん、おはようございます





昨日と一昨日、連休でした。

ゆっくりと休日を過ごすことができました。

今日からまた、全力で一週間を駆けていく予定です(笑)

さて、今日のブログのタイトルは「大福まんじゅう」です。

休日の昨日、母から教えてもらった山形駅前の「だんご屋」さんに行きました。

「板垣だんご」というお店です。

このお店は、先月、母からこんな話をされたのをきっかけに知りました。

「あそこの大福が食べたい。今度、買ってきてほしい。」

なんでも、母は二十数年前にその大福を食べて以来、一度も食べていないようでした。

出不精の母ならありえる話です。

二十数年、経ってからも、そのお店の大福を食べたいなんて、どれだけ美味しいんだろうか?

私は、休日の昨日の「板垣だんご屋」に行ってみました。



image3_20180209072135d2e.jpg





お店の名前は「だんご」がついているのですが、メニューは「大福まんじゅう」の一つのみ。

一個110円。

「大福まんじゅう」は、わかりやすく言えば、あじまんです。

お店のお母さんが手作りで作っていました。

私は、さっそく2個注文し、アパートの部屋で食べることに。




image2_201802090722188a8.jpg


袋から大福まんじゅうを開けてみると、2個とも「いびつ」な形をしています。

大雑把というか、豪快に作りました!というのが、形に表れています。

「これはインパクトがある!」とすごく味が楽しみになった私。

パクッと一口食べると、まんじゅうの皮、あずきが、とてつもなく美味しい!

母が食べたい。。。その意味がすごくわかった瞬間でもありました。

「いびつ」な形をみると、「なんだこれ?」と感じる方も多いと思います。

でも、食べてみると、最高に美味しい味。

大福まんじゅうは、「外見よりも中身」・・・といった感じで、私はすごく共感できました(笑)



image1_201802090722361a6.jpg



昨日は、大福まんじゅう2個とも、私のお腹の中に入ってしまいましたが、今度の機会に、母親の分も一緒に買って、熱々のうちに届けたいと思います。

すごく、喜んでくれること、間違いありません(笑)


では、みなさん、今日も楽々な日々を
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。SRホーム・楽々事業部の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード