深夜の地震。




みなさん、おはようございます



昨日、深夜にスマホから地震を告げるアラームが鳴りました。

熟睡中だった私ですが、すぐに目が覚めました。

そして、パッと思ったのが、東日本大震災の恐怖。

私の住んでいるアパートは、アラーム後、間もなく揺れを感じましたが、そう大きなものでなく、布団のなかでホッと一安心した私。

ドキドキしながら、地震を待つ。。。不思議な感じです。

でも、地震情報のおかげで、身と心を構えることができるので、それはありがたいことです。

福島県では震度5弱を観測したそうです。

今回の地震で津波の心配はありませんでしたが、一夜が明け、家屋等に被害がなかったことを祈ります。





無題970




私は、以前、このブログで綴りましたが、私がお手伝いさせていただいているお客様の家造りは、「お客様の命を守る」ことに繋がっていると常々、思っています。

「大袈裟だ。そんなことはない!」と批判される方もいらっしいますが、私はそう強く思っています。

東日本大震災直後、私は、スタッフと津波に襲われた被災地に行きました。

その時、自分の目に映った光景は、悲惨なものでした。

多くの家屋が倒壊していて、なかには、基礎しか残っていないお宅もありました。

家は地震、津波から守れない。。。そう思った瞬間でもありましたが、悲惨な状況の中、数軒、外壁などの被害がありながらも、建っていた建物があったのです。

そして、被災者のお話を、直接お聞きすることで、その建物が流されなかったことによって、命が助かったということを知りました。

家、建物は、全ての人を津波から守れなかった事実があります。

その一方で、家は人の命を守った事実もあるのです。

だから、私は「家、建物」が命を守るということを、堅く信じながら、日々、お客様への家造りをご提案させていただいています。




無題972




いつやってくるかわからない地震に対応するのは難しいことですが、弊社で家造りをされたお客様が、「ララホームで家造りをして良かった。」とずっと思っていただける家造りを、私はこれからも続けていきます。



では、みなさん、今日も楽々な日々を
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。SRホーム・楽々事業部の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード