FC2ブログ

お客様からの電話。




みなさん、こんばんは








昨日、あるお客様から私の携帯に電話がありました。

「藤田さん、今、大丈夫ですか?」と電話越しに聞こえる少し暗めの申し訳そうな声のご主人様の声に、すぐに私はどんな電話か理解できました。


「すみません、藤田さん、今まで大変、お世話になったんですが、違うハウスメーカーで建ててもらうことに決めました。。。」

私は、すぐに、

「わかりました。良い思い出になるお家造りをしてください。頑張ってくださいね。今まで、ありがとうございました。」

とご主人様に優しく話をしました。

同時に、私の心の中で、自分が楽々ホームの良さを十分に伝えきれなかった悔しさが出て、すぐに反省した私です。

でも、もう一方では、お客様が無事、家造りのスタートラインに立てたことにすごく嬉しくなりました。








P1100633.jpg





このお客様と出会ったのは、約2年前です。

当時、このお客様は、どのハウスメーカーでも建てられない、大きな事情がありました。

大きな事情は、家造りを阻む「壁」となり、お客様は、半ば、諦めかけていました。

実は、お客様のほうで、この時、「このハウスメーカーで建てたい!」という一番手の候補のハウスメーカーがいました。

でも、そのハウスメーカーの営業マンも、大きな事情を相談しましたが、解決には至らなかったそうです。

初めて会った時、お客様が悲しそうに話してくれたことに、私は、住宅アドバイザーとして、ある「熱い想い」が生まれました。

それは、「なんとかして、このお客様の壁を取り除いてあげたい!」という想いです。

私の気持ちを、半信半疑で聞いていたお客様。

でも、私は、お客様のご家族の協力、金融機関の協力もあり、約半年かけて、お客様の目の前にあった「壁」を取り除くことに成功しました。

本当にできるのだろうか。。。と思っていたお客様は、その成功に、すごく喜んでくれました。

私は、その時の、お客様の満面の笑みを今でも忘れることができません。

私自身も、住宅アドバイザーとしての「やりがいと充実感」を感じていました。







P1040033.jpg



壁がなくなったお客様はその後、胸を張って家造りするハウスメーカーを本格的に探しました。

候補のなかに、楽々ホームも入っていましたが、残念ながら、指名されず、2年前から一番手の候補だったハウスメーカーと一緒に家造りすることをお客様は決断しました。


楽々ホームが指名されなかったことは、とても残念でしたが、それは私の力不足ということで、私が猛省しなければなりません。

これからも、同じようなケースに遭遇した場合は、今回のように、お客様の「壁」を取り除く方法を考え、実行し、安心して家造りできる環境にしてあげることに全力を挙げて取り組むつもりです。

一つだけ欲をいえば、今度こそは、お客様から笑顔で、楽々ホームのさくちゃんを指名してもらえるようにしたいと思います。








P1050357_20110308223358.jpg



では、みなさん、明日も楽々な日々を
スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード