FC2ブログ

褒めて伸びる私。




みなさん、こんばんは






以前、ブログでも紹介したかもしれませんが、私が小学校3年生の時、全国作文コンクールで3位をいただいたことがあります。

私の人生で、今のところ(笑)、後にも先にも全国の舞台に立ったのはこの一度だけです。

一度だけでも、小学生時代に父と一緒に華やかなステージで大きな賞状を受け取ったことは、30年近く経とうとした今でも、忘れることができない「良い思い出」です。

でも、正直に打ち明ければ、作文を書いたのは私ですが、それを添削してくれたのは、当時の担任の先生であり、先生から、たくさんの「優しいヒント」をもらい、立派な作文に生まれ変わったんだと、今、振り返ると、そう思っています。

もちろん、当時の先生には感謝していますし、その先生が私が書いた作文を「いいね。」と褒めてくれたことで、私のなかで文章を書くことが、全然、苦痛ではなくなりました。

大きな賞をいただいたこともあり、「あがすけ」になるくらい、文章や作文を書くことに自信をつけた私。

その「根拠のない」自信が、毎日のブログの更新に繋がっていることを、感じています。。。






P1020098_20100403204034.jpg




それでも、時々、ブログをチェックしたお客様から、「ブログ、面白かったです。」とか、「さくちゃん、文章力、すごいね。」と褒められることがあります。

その時、私はすごく嬉しい反面、自分の文章力をもっと磨きたい!という強い向上心が芽生えます。

なぜならば、自分の文章表現に、まだまだ納得していないからです。

一年間に、たくさん読書をしたり、新聞を読んだりして、少しずつ文章能力が上がっているんだと思いますが、過去のブログを読み直ししたりすると、乱文、雑文な内容に、自分にがっかりします。




P1020091_20100403204008.jpg




どちらかといえば、「褒めて伸びるタイプ」の私。

40代が間近に迫った「おじさん」でも、やはり、褒められると嬉しいものです。

これからも毎日、更新していくブログが、「役に立った!面白い!」とみなさんに思っていただけるよう、これからも「身近でホッとできるブログ」を続けていきますので、今後とも、よろしくお願いします。

忘れたころでいいので、、、、、気が向いたら、私に、お褒めの言葉をプレゼントしていただければと思います(苦笑)





P1000779_20100222214705.jpg



では、みなさん、明日も楽々な日々を

スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード