FC2ブログ

歩行者の立場から。




みなさん、こんばんは





ここ最近、雪の影響もあり、道路がアイスバーンになっていて、車の運転には十分に気を付けなければなりません。

私は、自分自身の運転が下手くそだと思っているので、一年中、安全運転を心掛けていますが、さすがにここ数日間は、「超」がつくほどの安全運転をしています。

そんな中、今日、ある人(Aさん)から、大変、勉強になる話を伺うことができました。

Aさんは、私がいつもお世話になっている方です。

Aさんは、ある事情があり、約一年前から車の運転から遠ざかっています。

そのため、移動は、徒歩、もしくは、公共機関の乗り物(バス、電車)を利用しています。

「車の運転ができないなんて、すごく不便だし、イヤになるんだろうな。。。」と思っていた私でしたが、今日、Aさんの口からでた話は意外なものでした。

Aさんは、何かを悟ったような顔で、自分が車の運転をしていないことを、次のように話してくれました。


「車で移動できないことに不便を感じたり、周りの人に迷惑をかけたりすることに申し訳なく思っていますが、唯一、良かったと思うことが、徒歩で移動すると、歩行者から見た、車の怖さがわかることです。」

Aさんは、ここ一年、歩行者として道路を移動していると、猛スピードを上げて走る車や、歩行者を無視した車に遭遇し、「自分も、車の運転をしている時、平気でこのような運転をしていのではないか。」と過去の自分を省みることができたそうです。






P1100016.jpg




道路を通行の方法が、180度、変わってしまったAさん。

でも、そのおかげで、それぞれの立場で考えることができるようになったのです。

どんな物事にも、一方通行のような一つだけの考えはありません。

いろんな角度から見れば、違った感情、複数の気持ちが生まれるのは当然です。

私の場合、その時に、全てを受け入れる器量があればいいのですが、体調や気分によって、一つだけの考えに固まってしまう悪い癖があります。

そして、目を覆いたくなる結果が待ち受けているのです。。。







P1100015.jpg




今日のAさんの話を聞いて、それぞれの立場を受け入れる大切さ、重要性をあらためて知った私。

一生に一度の家造りを任せていただいている私は、これからも、広い視野、そして、いろんな角度で分析し、お客様のためになるご提案、アドバイスを続けていこう思いました。

また、私もAさんを見習い、歩く機会を増やし、歩行者の立場、感情を知って、自分の車の運転につなげていきたいです。








P1100102.jpg



では、みなさん、明日も楽々な日々を

スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。SRホーム・楽々事業部の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード