FC2ブログ

昔とった杵柄。




みなさん、こんばんは







誰にでも、昔とった杵柄がいくつかあると思いますが、私にも、一つだけあります。


それは、小学3年生の時、作文コンクールで全国3位を取ったことです。

作文の内容は、私が小学1年生の時に祖母が亡くなったこと、そして、生前と私の気持ちがどんなふうに変わったかを綴ったものです。

まさか、全国で賞を取れるなんて思ってもいなかったので、東京で行われた作文コンクールの授賞式に出席し、賞状を自分の手に受け取って初めて、ズシリと実感した記憶があります。


受賞したことが、ありとあらゆる新聞に掲載されたため、その頃の私は、学校の中はもちろん、地域のなかでも「注目の児童」となりました。

とっても気分が良かった私は、何を勘違いしたのか、全て自分の実力だと思い込み、今思えば、かなり「あがすけ」な男子だったかもしれません。

よくよく振り返ってみると、作文を書いたのは私本人ですが、コンクールに提出した時まで、作文を添削してくれたのは、担任の先生であり、私の母親がやってくれました。

当たり前ですが、賞を取れたのは、担任の先生、母親のおかげだったのです。

ちなみに、そのことにちゃんと気がついたのは、しばらく経ってからでした。。。






imagesCA38BTMI.jpg






コンクールで賞を取った以降、間違った壮大な自信をつけた私は、作文を書く際、「ちょちょいのちょい」といった感じの作文ばかり書いていました。

その時点で、残念なことに、自ら、自分の成長が止めてしまっていたのです。。。

そのため、中学、高校、大学、そして、社会人になった今でも、自分の文章力に悩まされています。

このブログのなかでも、みなさんが、読みづらい!と思う場面が多々あるかもしれません。







imagesCAA2MQ1R.jpg




「昔とった杵柄」というのは、マイナスなイメージもありますが、その人にとっては、過去に懸命に頑張り、努力した賜物が存在していることを意味しているので、私は、「ポジティブ」に捉えるようにしています。


でも、一つだけ間違いないと思うことは、昔の栄光の「昔」は絶対に外れることがありませんし、そればかりに縋って生きる人生は、つまらないことです。




P1020528.jpg




さくちゃんブログを愛読していただいているみなさんに、「ブログが読みやすくなったね。」と褒めていただける日を目指して、常日頃から、本や新聞をたくさん読んで、文章力を磨いていこうと思います。




では、みなさん、明日も楽々な日々を

スポンサーサイト



カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。SRホーム・楽々事業部の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード