FC2ブログ

ゲリラ豪雨と雹。

みなさん、こんばんは





昨日の夕方、山形市内を襲った「ゲリラ的」な豪雨に、私は、久しぶりに自然の怖さを感じました。

豪雨どころか、少しの時間ですが、雹(ひょう)まで降ってきて、心臓の音がバクバク聞こえるくらい、慌てました。

私はちょうどその時間帯、夕食の食材の買い物に行っているところで、あるスーパーマーケットの駐車場にいました。

でも、傘が車のトランクから取り出すだけでも、ずぶ濡れになる感じだったので、しばらく、豪雨と雹が止むまで車の中で待つことにしました。




imagesCALXI2WG.jpg







ふと、スーパーマーケットの向かいにある、うどん屋さんを見ると、店の前にリクルートスーツを着た女性が立っていました。

きっと、新入社員の方か、就活をしている学生の方なのでしょう。

彼女の表情を見るかぎり、急なゲリラ豪雨に困惑しているようでした。





imagesCAD35B11.jpg



すると、しばらくして、うどん屋さんの店員さん(年配の女性)が外に出てきて、ずぶ濡れの彼女を店に招き入れました。

彼女は、申し訳なさそうに、何度も頭を下げていました。

うどんを食べにきたお客様でないのにもかかわらず、困っている人を助ける様子を目の当たりにして、強く心を打たれた私。

雨と雹の騒音が、全てのものをかき消そうとしている中で、鮮やかに光輝く場面に遭遇したことに、私自身まで、親切な店員さんから「人としての温かさ」をもらったような気がしました。

数分後、店から傘をさした彼女が駆け足で出てきて、まだ騒音が止まぬ街中に消えていきました。

これは私の予想ですが、きっと彼女はどうしても時間に追われている理由があって、致し方なく店を出てきたのでしょう。

そして、彼女がさしていた傘は、きっと、店員さんが「これ使って!」と彼女に手渡したものなのでしょう。





imagesCAFCFQUB.jpg



テレビや本などに取り上げられるような感動の一場面は、私がその時に感じていた「ゲリラ」の恐怖を完全に忘れさせた出来事でした。

・・・私は、やっぱり、運が強い男であり、幸せものです(^O^)






imagesCAY2SHXZ.jpg




では、みなさん、明日も楽々な日々を

スポンサーサイト



カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード