FC2ブログ

ラーメン屋さんでの出来事。

みなさん、こんにちは('-'*)




この間、彼女とあるラーメン屋さんに行った時のことです。

そのラーメン屋さんは、山形市内では美味しいと評判のお店です。


お店に着いたのが、午後9時ちょっと前。

山形のラーメン屋さんのほとんどが夜9時で「閉店」というイメージがあった私は、半ばあきらめながら、そのお店の暖簾をくぐりました。

すると、店員さんは明るく元気な声で「いらっしゃいませ~」と、私達を迎えてくれました。


私はすぐに「あっ、まだ大丈夫なんだ。」と安心しましたが、彼女は心配になったらしく、店員さんに、


「まだ時間、大丈夫ですか?」

と尋ねました。


すると店員さんは、

「9時までですけど、大丈夫ですよ。どうぞ召し上がっていってください。」
と、笑顔で答えてくれたのです。

もちろん、その後の接客も、店員さんが「せかす」ような事はなく、メニューを選ぶ際も、「これが今、オススメですよ。」と丁寧な接客をしてくれました。

おかげで、私も彼女も、ゆとりを持って、美味しいラーメンをいただきました。



閉店間際に来た客の私達を、いつもと変わらない接客をしてもらい、満足していた私達でしたが、実は、この話には続きがあります。



二人ともラーメンを食べ終わった時のことです。


店員さんが私達のテーブルにきて、

「こちら、店からのサービスです。召し上がってください。」


と、シャーベットを二つ運んできてくれたのです。


この『おもてなし』には、私も彼女もびっくり。


「食べ終わったら、早く会計を済まさなくては。」と思っていた私は、「このお店すごい!」と感動するとともに、一瞬にして、このお店のファンになってしまいました。



一般的に考えれば、ラーメン屋さんの店員さんはアルバイトやパートの方がほとんどだと思います。

決まった時間、時給で働いている店員さんが、そこまでの接客をしてくれたのは、まさしく、そのお店の『お客様へのおもてなしの気持ち、考え方』が、正社員、アルバイト関係なく全てのフロアスタッフに鮮明に伝わっているからだと、私は思いました。


また、このラーメン屋さんが、評判の良い人気店と言われるのは、「味の美味しさ」に、店長、スタッフ全員の「想い」のスパイスが加わっているからだと、私は感じました。


証拠に、私達を接客してくれた店員さんをはじめ、全てのフロアスタッフさんが「いきいき」とした顔で仕事をしていました。



そんなスタッフさんを、とても羨ましく思いながら、会計を済ませお店を出てきた私です。



また今度、彼女と一緒にそのラーメン屋に行こうと思います。

みなさんのなかで、このラーメン屋さんを知りたい方がいましたら、お教えしますので、気軽に私まで連絡くださいね(^0^)/






では、みなさん、明日も楽々な日々を('-'*)
スポンサーサイト



カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード