FC2ブログ

消費税増税と住宅。

みなさん、こんにちは('-'*)




昨日、今月16日に行われる衆議院議員選挙の候補者が公示されました。


今回の選挙では、原発の問題、TPP参加の是非など焦点がたくさんあるように思えます。


また、2013年の日本のリーダーを国民が決める大事な選挙でもあります。


『政治なんて自分に関係ない』と自ら選挙権を放棄してしまう有権者もいるようですが、選挙は国民の義務でもあります。

これまでも、そしてこれからも日本に住む日本国民として、『自分の意志』を込め一票を投じたいものです。


さて、今日は今回の選挙の焦点の一つでもある消費税増税と住宅の関係について、少し触れてみます。


みなさん、ご存知の通り、今年8月、消費税率を引き上げる法案が国会で可決、成立しました。


2014年4月1日から現在の5%から8%に、さらに2015年10月1日に10%に引き上げとなっています。


ただし、この消費税増税には「景気の好転」という条件があります。

「景気の好転」がなければ、増税は中止される可能性もあるということです。


ただ、一般的な理屈としては、増税なるものだと前提に、今のうちから考慮しておいたほうが良いと、私は思います。


では、住宅の価格はいつから増税なるのか?


家造りスタートしてから完成まで、約4ヶ月近く期間を要する住宅の増税の適用は、いつのタイミングなのか?


これは、これから家造りを計画している方にとって、とても興味深いところです。


実際に、ここ一ヶ月、展示場に来場されるお客様からも、この件についての問い合わせが、以前と比べ多くなってきています。







では、本題に入ります。


今回の消費税増税の法案の中では、住宅について特別な経過措置が施されています。

その措置は、2014年4月1日より半年前の2013年9月30日までに住宅ハウスメーカーと工事請負契約を結べば、引き渡しが2014年4月1日以降になったとしても、現在の税率の5%のままでよいというものです。



逆に言えば、消費税増税ぎりぎり前の2014年3月に工事請負契約を結んだとしても、新税率が適用されるということです。



全てのお客様にあてはまることですが、家造りのパートナーであるハウスメーカーを、一週間や10日で決定される方はいません。

ある一定の検討期間も考慮すれば、今、少しでも家造りを考えているお客様は、本格的に行動するタイミングに来ているのかもしれません。


私も早くお嫁さんを見つけて、自分の家を建てなくては。。。(苦笑)


楽々ホームでは、税率の適用時期、その他、家造りの諸費用で税率がかかるもの、かからないものなど、増税になった場合のシュミレートを含め、詳細につきましては、住宅アドバイザースタッフが的確に説明をさせていただいております。


みなさん、消費税増税に関して不安なこと、わからない事があれば、気軽に楽々ホームまでお問い合わせくださいね。





では、みなさん、明日も楽々な日々を(^-^*)/
スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード