FC2ブログ

長距離走。




みなさん、こんばんは






先週、世界最速の男である、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が来日していましたね。





imagesCAD4LBC1.jpg



ロンドンオリンピックでは、2大会連続となる100m、200mで金メダルを獲得。

自身の名言ともいえる「生きる伝説」が現実になりつつあるように感じます。







imagesCA9KBCCD.jpg







ちなみに私は短距離走が苦手です。

小さい頃の短距離競走で、一番を取った記憶がありません。

脚が短いせいでしょうか。。。(笑)




逆に、長距離走は、どちらかというと得意なほうです。

小学校や中学校のマラソン大会では、一番にはなれなかっけど、毎年、上位入賞を果たしていました。

息が切れるくらい、「ハァハァ」しながら、走る長距離は、一般的には嫌われる競技の一つです。

でも、私は、他の方と感覚が違うのか、脚が前に進まなくなって、胸の中がドクンドクンと唸るくらい「苦しい」時が、意外と好きなんです。

ゴールした直後、ゼイゼイと倒れこんだ時の、あの瞬間が、たまらないくらい「好き」なんです。

苦しいはずなのに、不思議と「やり遂げた!」という満足感、充足感が自分の身体中に溢れてくるんですよね。




「考えられない!」「おかしいんじゃない!」「絶対ありえない!」という、みなさんからの意見が聞こえてきそうですが、きっと、みなさんの中に、私と同じ意見の方がいると信じています。





P1000380.jpg





でも、、、長距離走が得意だったことで、「得した!」という経験はありません。

逆に、身体の成長時期に、長距離走を繰り返したため、筋肉が付いてしまい、身長が伸びなかった。。。というのがあります。

現在、身長161センチの私ですが、中学生の時から身長は変わっていません。。。







P1000017.jpg





しいて挙げるとすれば、長距離走を何度も経験したことで、「我慢強さ」の自分に備わったのかもしれません。

ちょっとやそっとのことで弱気にならないところ、そして、辛抱強いところ。。。今、自分の中に存在している「良い部分」が形成された要因の一つは、きっと「長距離走」なんだと、自分なりに解釈しています。


ここ3ケ月、一人暮らしを始めてから、ランニングどころかウォーキングすら、できない日々が続いています。

体力アップ、健康維持のためにも、休日の日、身体を動かそうと思います。

私の場合、雪が降ってきたら、なおさら、外に出ない休日になりますから。。。







P1000377.jpg



では、みなさん、明日も楽々な日々を


スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード