FC2ブログ

節電の意識。




みなさん、こんばんは






今日、弊社展示場に、福島にお住まいのご夫婦が見学に来られました。

そのご夫婦にお話しを聞くと、山形市内に避難してきている娘さんが、お子さんを出産したということで、しばらく山形にいるということでした。

今、アパート暮らししている娘さん夫婦のために、様々な住宅展示場を回っているご夫婦は、毎年蔵王にスキーで訪れるほど、山形がとても大好きなんだと笑顔で話してくれました。

昨年、娘さんが避難先を迷っている時、「山形に行くなら、応援するよ。」とアドバイスしたそうです。

「山形の人には、足を向けて寝れない。」という言葉が、とても印象的でした。




見学を一通り終えた時のことです。

奥様が、「今は、節電の世の中だから。」と展示場の照明器具を自ら消してくれました。

他にも、エアコンの温度をリモコンを使って、22℃から「28℃」に変更したのです。

その奥様の行動に、私は、すぐに昨年を思い出しました。

震災が起きて間もなく、電力不足の危機が謳われ、日本中、全ての人が「節電」を心がけ、様々な形で「節電」をしました。

楽々ホームでも、展示場全てを、当時、昼は照明を落とした状態でお客様を案内させていただいておりました。

楽々ホームのお家は、窓も大きく、光もたくさん入ってくるので、日中、照明をつけなくても明るいのが特徴です。

ですから、何の違和感もなく、スタッフも、そして、来場されたお客様も、展示場で打ち合わせをしていました。







P1080065.jpg







それがしばらくして、、、


いつの間にか、震災前のように、朝、出社したときから、普通に展示場内の照明をつけるような環境に、戻ってしまいました。


あきらかに、「節電の意識」が薄れていったのです。


今では、照明を付けるのも、エアコンを「お客様に快適な空間で打ち合わせしてもらうために。」と、28℃以下に設定しているのも、私をはじめとするスタッフのなかでは、「普通」のことになってきていました。


これは、私たち、楽々ホームスタッフばかりではなく、世の中全体の流れがそのようになってきているようにも思えます。


ただし、被災地であり、原発問題で揺れている福島にお住まいの方は、昨年からずっと「節電意識」が変わらぬままで、今日に至っているのかもしれません。

自分の置かれた状況によって、意識のズレが出てきているということを言ってしまうと、悲しくなりますが、残念ながら、それが既成事実になりつつあるのかもしれません。




P1000291.jpg







テレビ画面からは、被災地の様子の映像が、日に日に少なくなってきています。

人は忘れる生き物。。。とよく聞きますが、あの地震を経験し、目撃した私たちは、決して忘れてはならないんだと、今一度、再確認しなければならないんだと、今日の奥様の行動を見て、強く思いました。


やらなければならないことは、たくさんありますが、私たちは、「節電」のように、できるところから、もう一度始めたらいいんだと思います。







ご夫婦が、お帰りの際、

「福島市内でも、放射能汚染が高いところもあるのよ。でも、除染はほとんど進んでいないの。。。」

と、嘆くご夫婦の顔が忘れられません。。。







P1010831.jpg





では、みなさん、明日も楽々な日々を

スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード