FC2ブログ

今日の出来事。

みなさん、こんばんは(^-^*)/




昨日と今日、久しぶりの連休をもらった私は、この二日間で充分なほど身体を休め、リフレッシュできたと思います。


一日の休みではできないことを、連休を使って、しっかりと実践できました(笑)




そんな中、わたくし、自宅の鍵を紛失したことに、今日の夕方気がつきました。

思い当たるところを探しても見つからず、結局、母親が持っていた自宅の鍵を借りて、近くのホームセンターへ合鍵を作りに行きました。



すぐに作れるものだと思っていたのですが、近所のホームセンターでは「すみません、この鍵は在庫が切れていまして。。。」と丁寧に断られてしまいました。

次に向かったのは、同じ町内(河北町)にあるホームセンターへ。


しかし、残念なことに、ここでも在庫切れで断られてしまいました。。。


さすがに連続で不運が続いたので、へこんでしまった私。


どうしようか。。。と迷った末に、隣町の寒河江のホームセンターへ行くことにしました。

そこは、在庫がなかったホームセンターと同じ店舗でしたが、私の地元、河北町の店舗より間違いなく二倍以上の規模を誇ります。

もちろん、品揃えも充実。

河北町の店舗では扱っていない商品も当たり前のように並んでいます。



きっと合鍵の在庫もあるはず!と予想して行った私。


そして見事、予想は的中し、無事に合鍵を作ることができました。



帰りの車のなかで、「あ~、良かった。」と安堵感たっぷりにハンドルを握っていた私。


でも、次の瞬間、あることに気がついたのです。


場所が違えども、同じ会社が経営しているホームセンターなのに、一方では在庫していて、もう一方で在庫していない現象がでてきてしまったのか。。。



その答えは、「河北町と寒河江市の人口の比率、つまりキャパシティによって、店舗の規模も商品ラインナップも違ってくる。」ということになります。

「ホームセンター」業界では、これは普通のことであり、私は納得できる範囲です。

きっとみなさんも、納得できるかと思います。




でも、今日私は、もう一歩、踏み込んで考えたことがあります。




それは、「住宅業界だったらどうなんだろう?」ということです。

住宅業界には、本社のほかに、いくつもの支店を構えている住宅会社さんがたくさんあります。

もし、支店ごとに、同じ会社であっても、家造りの考え方、使っている商品、建築金額が違っていたとしたら、どのようになってしまうのでしょう?




支店がない楽々ホームに在籍している私がこのように考える事は、余計なお世話であり、非現実的な事なのかもしれませんが、一生に一度の家造りをされるお客様の立場から考えると、とっても怖くなります。。。



違った角度からみれば、支店や第二営業所を創設することは、経営側にとって、顧客拡大への大きな期待と共に、今まで成功してきた実績を新しく立ち上げた支店でどれだけ継続できるかという「今までにない責任」が生まれるのかもしれません。


もしかしたら、楽々ホームも、近い将来、県内に支店ができるかもしれません。

その時は、今日の出来事と気持ち、そして今日のブログを思い出し(笑)、楽々ホームのお客様への想い、家造りを継続していかなければならないと思います。






今日も長々のブログになってしまいました。

みなさん、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




では、みなさん、明日も楽々な日々を(゜▽゜)/
スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード