FC2ブログ

シェフのお話。

みなさん、こんばんは










クリスマスが終わり、2011年もあとわずかになりました。



あと約一週間、一日一日を大事に過ごしていきたいものです。













P1070112.jpg







さて、今日のブログは、私的には、お馴染になりました、車中のラジオから聴いたお話を書こうと思います。

たしか、この間の土曜日の夕方だったと思います。

ラジオドラマの中での、ある有名シェフのお話です。


クリスマスイヴということもあり、その話題がラジオから流れてきました。。。




一昔前、バブル時代のクリスマス。

街中のレストランでは、カップルを対象にしたディナーが流行だったそうです。

その内容は、時間が決まっていて、その関係から、料理が出てくる時間も決まってくる。

もちろん、複数のカップルが、時間通りにレストランに入り、時間通りに食事をして、時間通りにレストランを出る。。。

出てしばらくすると、今度は、2回目のディナーを予約していたカップル達がレストランに入っていく。。。



いかにも、映画館みたいな感じです。




有名シェフは、その当時のことを回想して、こう言っていました。

「当時は、雇われシェフだったので、何も言わずに料理を作っていたが、頭の中では、こんなことをやっていたら、必ず、あとでしっぺ返しがくる。。。と思っていた。」


続けて、こう言ってました。

「本当のレストランの姿は、時間に一切の制限がないものだ。美味しい料理を提供することもそうだか、そのレストランの雰囲気も含めて、お客様におもてなしをすることが、本当の姿だ。」




ラストオーダーはあったとしても、お客様は、レストランに好きな時間に来て、お客様のペースで食事をし、お客様の気持ちによってレストランを出ていく。


クリスマスとは、カップルにとって特別な日であり、一年でもっとも、お互いの気持ちを確かめ合う日だからこそ、それが当然だということでした。














P1010124.jpg







ラジオから聞こえてくるシェフの話しに耳を傾けながら、「なるほど。」と納得すると同時に、自分を戒めた私です。。。


私が日々、お客様と一緒に行っている「お家造り」にも、たくさんの共通点があるように感じます。


知らず知らずのうちに、お客様をないがしろにして、自分だけの世界に飛び込んでいないだろうか?


お客様のペースをちゃんと確かめながら二人三脚しながら、前へ進んでいるのだろうか?


そして、お客様から、楽々ホームのお家を本当に満足してもらっているだろうか?




いろいろなことを考えた私です。。。


日々努力!日々成長!とは、よく聞く言葉ですが、まさしく、私にはピッタリなのかもしれません。



改めて、一日一日を、大事にして、これからも、お客様のために立派な住宅アドバイザーになれるよう、邁進していこうと思います。















P1070264.jpg







では、みなさん、明日も楽々な日々を

スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード