FC2ブログ

子供のために。

みなさん、こんばんは





今日、先月お引き渡しした、上山のI様邸にお伺いしました。

お引き渡し後に、大手家電屋さんが新しい冷蔵庫を動かした時、フロアーにキズがついてしまったということで、補修専門業者と一緒にお伺いしたのでした。

補修業者さんが作業している間、私はI様の奥様と一緒にお茶を飲みながら団欒(笑)

そんな中で、I様が新しいお家に住んでみての感想を聞くことができました。

いろんな喜びと楽々ホームへの感謝の言葉の中で、

「みんなが楽しく、幸せになって良かったよねーー。」

みんなとは、I様のご家族、そして、楽々ホームのことを指しています。

I様のお家は、楽々ホームとして、上山市の記念すべき第一号のお家。

お引き渡し前に、I様よりお借りして完成内覧会を開催させていただいたら、たくさんのお客様が来場。

そのお客様が、I様のお家を見て、とても感激してもらい、只今、楽々ホームとお家造りの打ち合わせをしています。

奥様の言葉は、そんな意味からきていました。







P1040022.jpg







P1040031.jpg




それと合わせて、奥様から大変感動するお話をいただきました。

それは、新しいお家でのお子さんへの接し方。

I様のお家には、小学生と幼稚園の娘さんが二人います。

そのお子さんへの接し方が、アパート生活の時と全然違うよう育てているんだそうです。

わかりやすく説明すると、娘さん二人が、お家の中で思いっきり走ったり、大声だしたり、お友達と楽しくワイワイ騒いでも、極力、怒らないようにしているそうです。


今までのアパート生活では、近隣の住人のことを気にしながら、子供たちに接してきたそうです。

時には、大きな声を出して子供たちを静かにさせていました。

でも、それが、I様ご夫婦にとって、とても辛いことでストレスだったのです。

だから、新しいお家で、子供たちがどんなに大きくワイワイ騒いで遊んでも、そっと見守ろう。と、引っ越しの時、ご夫婦で決めたんだそうです。



I様の奥様が言ってました。

「新しいお家を建てたのは、自分たち夫婦のためもあるけど、一番は、子供たちに喜んでもらうために建てたのよね。今は本当に、家族みんな幸せです。ありがとうございました。」






言葉をいただいた瞬間、胸が熱くなったのは言うまでもありません。

お施主様は本当にありがたいです。

どんなに苦しくったって、お施主様の感謝の言葉は、かけがえのない、最高のご褒美です。

これからも、頑張ろう!と、いつになく力が湧いてきた私です。

I様、こちらこそ、ありがとうございました。


上山市第二号のお家を、少しでも早く建てられるよう、頑張りますね。



P1030867.jpg




では、みなさん、明日も楽々な日々を



スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。デワホーム(旧・SRホーム)の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード