FC2ブログ

元プロ野球選手の話。



みなさん、おはようございます





元プロ野球選手の話です。

その選手は、強豪高校の出身でピッチャーとして甲子園にも出場しました。

その後、プロ野球の世界に入ります。

プロの世界は厳しく、なかなか成績が出ず、2軍生活が続きます。

そんな中、ある投手コーチがその選手に、今までの投げ方と違ったフォームでボールを投げることを奨めました。

もともと、その選手の投げ方には特長があり、プロの指導者のなかには、その投げ方だと肘や肩が故障してしまうと指摘する人もいました。

「遊び感覚でやってみなさい。」とプロのコーチからアドバイスされた選手は、それまで成績が出ていなかったこと、早く一軍で活躍したかったこともあり、投手として、「大きな決断」となるフォームを変更をしました。

選手はそのフォームを自分のものにするため、必死で頑張りました。

プロ野球という夢の世界で、活躍できることを信じて。。。。

しかし、残念ながらそのフォームで試合に出場しても、なかなか思うように成績が出ません。

結果、、、、シーズン終了後、選手は、球団から戦力外通告を受けました。

戦力外通告とは、球団から「来季の契約はしませんよ。」というもの。

選手は、数年間で、プロの世界から去ることになりました。



無題1091



その選手は、現在、野球の独立リーグでプレーをしていて、またプロ野球選手に戻れるよう日々、頑張っています。

でも、一つだけ、大きな後悔をしていることがあります。

それは、投手として、「一番大事な」フォームを変えてしまったこと。

プロのコーチから奨められて、それを信じてフォームを変えたが、慣れ親しんできたそれ以前のフォームでプロの世界で戦い続けていたら。。。という後悔です。

高校時代まで投げていたフォームが、怪我や故障に必ず繋がるかといえば、それは絶対ではありません。

プロのコーチのアドバイスを蹴ってでも、自分を信じて、進んでいたら、後悔せずにプロの世界を後にすることができた。。。そう選手は思っています。




無題1017



私も、ありがたいことに、周りの人に恵まれ、たくさん良いアドバイスをいただきます。

自分が間違った言動をすると、鋭く指摘してくれる方もいて、私はありがたいと心から思います。

ただ、元プロ野球の選手を話を知り、私が強く思うことは、決断と行動は「自己責任」であるという意識付けを持って日々、過ごすべきだということ。

その方が、後々、後悔する生き方にはならないと感じます。

そんな簡単なことではありませんが、常に、「自分」に自信をもって、行動できる人間になりたいと思います。





imagesC8Z87ID7.jpg



では、みなさん、今日も楽々な日々を

スポンサーサイト

新大関の想い。




みなさん、おはようございます





大相撲、夏場所が開催されています。

今場所の注目は、新大関の貴景勝。

初日から、素晴らしい取り組みを見せていた貴景勝ですが、4日目の取り組みで右膝を負傷。

その後、休場していたのですが、昨日から再出場しました。

右膝に大きなテーピングを巻いて土俵の上に上がった貴景勝。

結果は、取り組みはあっけなく、はたき込みで敗れました。

時間にして0.8秒。

今場所の主役が帰ってきた取り組みを期待していた相撲ファンとしては、なんとも残念なものとなりました。




無題177




今朝のニュースでは、「今日から再び休場する可能性」とありました。

相撲ファンの一人としては、万全の状態で土俵に上がって、最高の相撲を取り組むほうがいいと思っていますが、昨日、再出場を決めた貴景勝の想いを聴いて、私は、胸が熱くなるものがありました。


「幕下以下の時から休まずに出たことが今に繋がっている。必ずこの経験が何年後に成長させてくれるかなと思った。休むのは簡単。自分がこういう相撲人生をしたいという考えを持ってやるだけ。」

若干、22歳の若者が、ここまで相撲道を真剣に考え、向き合っている姿勢は本当に素晴らしいと思います。

貴景勝より、おおよそ2倍、人生を長く歩んできている私。

今後も、自身に甘えることなく、日々の仕事、プライベートなどを「大事に」かつ「本気で」取り組んでいきたいと思います。



無題178




では、みなさん、今日も楽々な日々を


チャリティーショー。



みなさん、おはようございます







今日、天童温泉の某ホテルにて、私の父が主催するチャリティーショーがあります。

実は、私の父は、土木の仕事をしながらも、趣味で「芸能」をしています。

どんな芸能かというと、今から15年前に流行った「マツケンサンバ」のそっくりさんです。

松平健さんのような顔立ちは一切ありませんが、衣装、そして、サンバのステップは見事なものです。

マツケンサンバが流行ったときに、忘年会で披露して、そこからずっとマツケンサンバを磨いてきた父。

私自身、最初の頃は、「恥ずかしいなぁ。」という気持ちがありましたが、今では、煌びやかな衣装を身にまとい、完璧なステップで踊る父に、尊敬の念があるのも事実です。

数年前、NHKの「のど自慢」に出て、マツケンサンバを踊り、特別賞を獲ったこともあるので、それなりに本物のマツケンに近づいていると私は思っています(苦笑)




P1000156.jpg

(私の父・・・芸名が谷地マツケンです。)


県内各地の催し物、老人ホームなどに引っ張りだこな父が、初めて主催する今日のチャリティーショー。

息子として、そして、ファンの一人として、今日のお披露目ステージを見に行きたいと思っていたのですが、残念ながら仕事のため、それは叶いません。

約200人の前で、どんなショーをするのか、想像を膨らませながら、今日は一日を過ごしたいと思います(笑)





無題176

(こちらは、本物のマツケン)



では、みなさん、今日も楽々な日々を

最近、想うこと。




みなさん、おはようございます




突然ですが、、、、私は、自身が人を傷つけたり、騙したり、嫌な思いをさせたりする行動が嫌いです。

もちろん、そういう行動をする人も、苦手です。

誰しもが小さい頃から、他人を傷つけることはしてはいけない。。。と良心があったはずですが、大人になるとそれが全くもって失ってしまう人がいるのが、残念でなりません。

そんな偉そうなことを綴っている私でも、完全な人間ではないので、時々、行動を間違えてしまって、相手にイヤな思いをさせてしまったことも多々あります。

でも、その度に、自分の間違いに反省し「今度から同じ間違いをしないようにしよう。」と自分と約束をしています。





無題683



「自分がされて嫌なことは、相手にしない。」という、当たり前のことを自分の心のなかで、強く忘れないようにしています。

「当たり前じゃないか!」と、みなさんから失笑されてしまうかもしれませんが、私の場合、その心がけが、他人を傷つけたり、騙したりしないための、最初の予防線でもあります。

また、「悪いことをすれば、それが倍返しで自分に戻ってくる」と信じているタイプです。

逆にいえば、「良いことをすれば、それが倍返しで自分に戻ってくる」と思っています。

だからと言って、偽善者になるつもりは毛頭ありませんが、、、、(笑)



無題678





今の時代に限ったことではありませんが、詐欺や不貞行為、暴力、殺人などが後を絶ちません。。。

残念ですが、それがゼロになる世の中は訪れないでしょう。

「責任をとれば、大丈夫。」と軽々しく口にする方を、時々、見かけますが、その意味を本当にご存じなのですか?と突っ込みたくなる私です。。。




無題90




今日のブログは、いつもと違い固いブログになってしまいました。

みなさん、すみません。。。。

では、みなさん、今日も楽々な日々を

ずっと平和な世の中に。


みなさん、おはようございます





大きなニュースになっているので、みなさん、ご存知だと思いますが、ある国会議員が北方領土の問題について、「戦争」発言をしました。

「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか。」と元島民にたいし、迫りました。

「戦争しないとどうしようもなくないですか。」とも発言しています。

国民の代表である、国会議員がこのような発言をしたことに、みなさんもそうだと思いますが、非常に残念で、同じ日本人として情けなくなります。

戦争を体験していない私であっても、戦争の悲惨さを、これまでいろんなところで聴き、目にしてきて、「絶対に戦争はするべきでない!」と強く思い、「戦争」という言葉にナイーブになりますが、エリートの道を歩んできた国会議員が、簡単に発言することには驚きが隠せません。

当時、飲酒していたことは別の問題でありつつも、逆に、お酒が入っていたからこそ、「本音」なのではないかと疑ってしまいます。

戦争を体験していない国会議員がほとんどであることは、仕方がありませんが、もし、世の中が間違った方向に進み、戦争になってしまっても、発言した国会議員は、けっして、戦場にはいかないことでしょう。

今回の発言をしてしまったことで、日本とロシアの北方領土問題の解決が、あきらかに後退したことは否めません。

発言をした議員は、猛省をしてほしいし、身の振り方をきちんとしてほしいと強く思います。





無題1009




私は、戦争がない平和な世の中がずっと続いてほしいと心から願うと同時に、あるところに「平和ボケ」が蔓延しているのではないかと今回の騒動で感じました。

私一人ができることは、ごくごく小さなことですが、これから社会で活躍してくれる若い世代の方に、私が戦争体験者から聞いた
戦争の恐ろしさを伝えることだと思います。

そして、その認識を持った方が国を代表する仕事に就いてほしいと願います。


無題74




では、みなさん、今日も楽々な日々を
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。SRホーム・楽々事業部の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード