貴重なお話。



みなさん、おはようございます





昨日、お客様のおじいちゃん、おばあちゃんから、太平洋戦争のお話を聴く機会がありました。

そのおじいちゃん、おばあちゃんは、14歳の時、終戦を迎えました。

終戦直前、B‐29の爆撃機が、毎日のように自分の家の空を飛んでいたこと。

そして、爆撃機から狙われないため、死なないために、どのように隠れていたか。

農家で白米が食べられる環境があっても、国の方針もあって黒米を食べていたこと。

終戦直前は、勉強をしたくてもできず、本を読むこともできず、毎日、主人が戦地に向かったお宅の農作業の手伝いをしていたこと。

空襲警報が毎日のようになり、防空壕に逃げ込んだこと。

終戦の8月15日、ラジオの玉音放送を公民館でみんなで集まって聞いたこと。

でも、その放送内容が全然、理解できなかったこと。




無題818





戦争にまつわる、いろんな話を聴きました。

私は、私が生まれる前に祖父が、小学校一年生の時に祖母が他界していることもあり、戦争の話を聴く機会がありませんでした。

「なんとなく」の想像の世界で戦争を見ていた私ですが、実体験の方のお話をきいて、あらためて、「戦争の恐ろしさ」を知りました。

おじいちゃん、おばあちゃんが、最後にこんな話をしてくれました。

「もう戦(いくさ)の話を語るのは俺たちだけだろう。語ることができる人が少なくなってきた。戦の時代はもう勘弁だ。戦をやってはダメだ。」

その言葉が強く胸に響いた私。

「戦争は反対」と心のなかで思っていても、今の世界情勢の緊張感が続くと、「もしかしたら、始まるのではないか。。。」と想像してしまう自分がいます。




無題824



貴重なお話をしてくれた、お客様のおじいちゃん、おばあちゃんに感謝です。

「難儀(なんぎ)したんだ~。」という言葉をたくさん聞きました。

過酷な生活をしてきたなかで、「やっと生き延びて」きた、おじいちゃん、おばあちゃん。

今のように、いつまでも健康でいてほしい。。。そう私は強く願いました。





無題829


では、みなさん、今日も楽々な日々を

スポンサーサイト

小心者です。


みなさん、おはようございます





「私は、本当に小心者だなぁ。。。」と自分でガッカリするくらい、感じることがありました。


この間、某牛丼チェーンのお店に入ったときのことです。


肉をたくさん食べたい気分だった私は、白米が普通盛り、牛肉が大盛りの「アタマの大盛」を注文しました。

すごくお腹が空いていたこともあり、、、、内心、ルンルン気分で待っていた牛丼を待っていた私。

しばらくすると、目の前に牛丼が現れました。

箸をとって、「いざ!」と牛丼を勢いよく一口、二口と食べた私。。。その時、小さな違和感が出てきました。

私が頼んだメニューは牛肉大盛のはずなのに、なんだか、牛肉の量が普通っぱい。

そして、白米が多いような気がする。

これは、「アタマの大盛」ではなく、ただの「大盛」なのではないだろうか?

店員さんが間違えてしまったのではないだろうか?

レシートを確認しましたが、「アタマの大盛」で間違いありません。

しばし、箸を止めて悶々と考えた私。

箸を付けてしまった牛丼だけど、今から店員さんに「これ、アタマの大盛ではないと思うのですが。。。」と相談して、交換してもらったらいいのではないだろうか?

でも、、それで店員さんから、「いや、これがアタマの大盛ですけど!」と涼しい顔で言われたら、どうしよう?

なんだかんだ考えた末に、「小心者の私」がとった行動は。。。。涼しい顔で疑惑の牛丼を食べ、何も言わずに支払いをして、お店を出てきました。





無題897





みなさんだったら、どんな行動をしますか?

あきらかに「違う!」と確定できるのであれば、強い気持ちで行動にでることができるのですが、グレーゾーンになると、うじうじしながら、けっして逆流にチャレンジせず、流れに乗ってしまう私。。。やっぱり意気地なしの小心者です(笑)

損をすることも多々ありますが、けっして全てがマイナスではないと思っています。

小心者だからこそ、結果的に「お得だった、良かった」というのもあるはずです!(笑)



無題894




今度、もう一度、確かめるため、私は、同じ牛丼屋さんに行こうと思っています。

さて、次こそは私が想像する「アタマの大盛」を食べることができるのでしょうか。。。





無題898





では、みなさん、今日も楽々な日々を

ツーアウトから。




みなさん、おはようございます



熱戦が繰り広げられている夏の高校野球。

甲子園を舞台に、球児達の白球を追いかける姿勢や全力疾走に、心打つ私です。

「野球はツーアウトから。」

野球に詳しくない方でも、このフレーズを聴いたことがあると思います。

最後まで勝負はわからない。。。残り1つアウトを取られると負けてしまう場面から逆転勝利ができる。。。そういった意味あいのものですが、昨日と一昨日の連日、甲子園で現実に起こりました。

サヨナラ負けをしたチームが、あと一つのアウトで勝利する場面で「気が緩んだ」わけでは決してありません。

勝った球児達の最後まで諦めない「勝ちたい気持ち」がそれを上回ったからだと、私は思っています。


無題893




ツーアウトからのサヨナラ勝ちをニュースで見て、私は、日々の生活、生き方にも重なる部分があると、ふと思いました。

野球と人生を同じ視点で考えることを、浅はかだとご指摘される方がいるかもしれませんが、私は、「最後まで諦めない気持ち、姿勢」はとても大切だと感じます。

ゲームセットまで何が起こるかわからないのが野球は、日々の生き方にも通じるものがあります。

私自身に置き換えてみると、一番わかりやすいかもしれません(笑)

私はまだ「家庭を築き幸せになる」ことを諦めていません。

たとえ、周りの方から「もう無理でしょ!」と言われ続けても、私の「実現したい!」という強い気持ちがあれば、きっと私に素敵なパートナーができると思います。

もし、私の気持ちのなかに「もうダメだ、、、人生を独りで歩んでいこう。」と自らゲームセットを告げ強制終了をしたら、きっとパートナーは現れることはありません。

目の前に運命のパートナーがいたとしても、素通りしてしまうことでしょう。

連日、高校球児から、「最後まで諦めない気持ち、姿勢」を教えてもらっている私。

「素敵なパートナーと家庭を築く」ことだけでなく、日々の全て物事に、試合終了のサイレンが鳴るまでは、自分を信じ、諦めずに全力疾走していこうと思います。





無題895




では、みなさん、今日も楽々な日々を

山登り。




みなさん、おはようございます





夏季休暇中、チャレンジしたことがあります。

それは「登山」。

以前から少し興味があった私。

雪山登山までの本格的な登山は全然、求めていませんが、夏登山はどんなものだろう?どんな世界が見えるのだろう?と興味があった私は、夏季休暇中に、二つの山をチャレンジしました。

ただ、登山といえるほどのものでもないので、私の場合は、「山登り」という言葉がピッタリです。

チャレンジした山は蔵王と月山。

蔵王は、お地蔵様までロープウェイで行って、そこから「お釜」を目指すコース。

月山は、西川町志津方面から、リフトで途中まで登り、そこから頂上を目指すコース。

どちらも初めてのチャレンジだったので、それくらい時間がかかるのか、どれくらい体力が必要なのか、心の準備だけ整えて、実行した私。

私の場合、いろいろ調べたりすると、「もういいや。。。」となってしまう場合があるので、「考えるまえに、まず動く!」というスタイルで動きました。

蔵王では、天候にも恵まれ、楽しい山登りでした。

時間はかかりましたが、自分のペースを崩さず、リズムよく山登りができました。

そして、お釜に到着。

神様がご褒美を与えてくれたのでしょう。

それまで霧で真っ白だった風景に、パッと光が差し込み、鮮やかなエメラルドグリーンが目に飛び込んできました。

私はあまりの感動に、胸が熱くなり、時間を忘れて眺めていました。

「あっ!写真を撮ろう!」とふと気づいて、急いで撮った写真がこちら。





image2_201708190715391b5.jpg


私としては、ベストショットな一枚です。

不思議なことに、写真を撮った後、すぐに霧がかかりお釜は薄れていきました。。。



二日後、月山の山登りの挑戦。

月山を選んだのは、私が以前、お世話になった人が「一緒に登ろう!」と誘われつつも、その後、事情により登ることができなかった山です。

西川町の志津地区に到着したとき、小雨でした。

どうしようか?と少し迷ったのですが、「せっかくだし。。。」と山登りを敢行。

しかし、私の意識が甘かったこともあり、途中リタイアという悔しい結果となりました。

小雨、濃霧、蔵王とは違う急な勾配、そして、雨対策をしてこなかった甘さ。

小雨が途中から本格的な雨になってしまい気持ちを保つのが辛い山登りとなりました。

登っても登っても、頂上に着かない。。。そんなマイナスな気持ちが強く作動してしまい、「あともう少しで頂上」というところで、下山しました。

事前に調べなかった私が悪いのですが、、、月山登山が、あれほどまでに急な勾配だったことは知りませんでした。

残念な結果となりましたが、自分のなかでは「勇気ある撤退」だと美化しています(苦笑)

正直、あれ以上、山登りを続けても気持ちがプッツンと切れてしまい、下山できなかった可能性があると本気で思っています。

もちろん、いつかリベンジをする予定です。




image3_201708190716019d2.jpg

(月山の山登りコースの周りには高山植物とキレイな黄色の花が咲いていました。花の名前はわかりません。。。)


蔵王と月山の山登り。

初めてのチャレンジのなかで、心がほっこりしたことがあります。

それは、どちらの山登りでも、私と同じように山登りしている方が、当たり前のように挨拶をしてくれたことです。

登山している方とすれ違う際、「こんにちは~。」と必ず、相手から言葉を掛けられました。

私もそれにつられて「こんにちは。」と挨拶を交わしました。

他人でも、一緒に目指すところは同じ。。。そう言った意味ではお互い「がんばりましょう!」というメッセージ交換をしているように思えました。

心がほっこりする山登り。

体力と、少しの時間が必要ですが、また山登りにチャレンジしたいと思います。

まずは、月山の頂上を目指します!




image1_20170819071733544.jpg

(月山の残雪。くぼみから撮った一枚。奥に白く見えるのが残雪です。)




では、みなさん、今日も楽々な日々を


同窓会。



みなさん、おはようございます



長い夏季休暇が終わり、今日から通常営業です。

みなさん、お盆休みはいかがでしたか?

比較的、天候に恵まれたお盆休みだったこともあり、いろんなところに出かけて、良い思い出をたくさん作った方が多いかと思います。

インドア派の私も、なるだけ外に出て行動しようと頑張ったお盆休みでした(苦笑)

心と身体を満タンまで充電した私。

今日から、また精一杯、お客様の家造りのお手伝いを頑張ります!




無題892




今日のブログは同窓会について綴ります。

休暇初日の12日(土)、中学校の同窓会があり、参加してきました。

久しぶりに会う同級生と楽しい時間を過ごすことができました。

みんな40歳を過ぎたのに、みんな若い。

まるで、同窓会の会場内は、中学時代の文化祭にタイムスリップしたかのような盛り上がりでした。

恩師も招待され、久しぶりの再会に私はすごく嬉しさを隠せませんでした。

恩師である私の担任の先生は、いつも前向き。

元気、明るい、パワーがある。。。そんな印象の先生でしたが、今も変わっていません。

ただ、定年を過ぎ、退職したことを聞いて、驚いた私です。

それだけ年月が過ぎているのか。。。。少し寂しくもなりました。







image1_2017081807043133e.jpg

(恩師とのツーショット。還暦を過ぎた人には全然、見えません!)




旧友と、また再会の約束をして御開きになった同窓会。

みんなには失礼かもしれないけど、みんな「頑張って生きている」ことがわかりました。

私も同じです。

40歳を過ぎると、いろんなところで「大変」なところはあるけれど、、、私と同じ気持ちの人がたくさんいて、みんな頑張っている話しを聞き、大きな元気と勇気をもらえました。

また何年か後の同窓会も、ぜひ、参加しようと思っている私。

その時は、「結婚しました!」と喜びの報告をみんなにできるようにしたいと思います。









無題891


では、みなさん、今日も楽々な日々を
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

rakurakunaie

Author:rakurakunaie
はじめまして。SRホーム・楽々事業部の藤田です。通称さくちゃんです。ほぼ毎日更新しますので、よろしくお願いします!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード